医師が「この職場を辞めたい、転職したい」「医局から離れたい」と思った時、どんな方法で転職先を探せばいいのでしょうか?
医師が転職先を探す時、ハローワークや友人からの口コミ、求人雑誌、新聞の求人欄などを情報源にして転職先を探す事もあるかと思います。

ところがこれらの方法、メリットもあればデメリットもあります。
ここでは医師募集の探し方、優良求人の見極め方をご紹介しています。

友人からの紹介で転職先を探す方法

医師が転職を考える時、同業者である医師や友人から転職先を紹介されたり、何かしらの求人情報を耳にする可能性があります。
紹介された求人が高給与、好待遇の優良求人であれば何も問題ありません。
けれどその保証はどこにも無いのが実態です。

「友人からの紹介だから」
「高給与を約束してもらったから」
という理由で転職すると「全然話しが違った」と後悔する事も。
友人から転職先を紹介されると「何だかイメージとは違う」と思っても、友情を壊したくない一心で断れないのが困った所です。

医師は医療ケアのプロではあっても転職のプロではありません。
各病院やクリニックの内情や離職率、人間関係、福利厚生、休日数など、その真実は病院の外からでは良く分からないのが実態なので、例え信頼出来そうな友人からの紹介であっても安易に飛びついてはいけないのです。

転職した後に「しまった」と悔いたとしても、紹介してくれた友人の手前なかなか辞める事も出来ず、悶々と過ごす可能性もあります。

医師求人の少ないハローワークや求人情報誌

ハローワークで医師求人を探す方もいらっしゃいます。

ただ実際にハローワークの医師募集をチェックしてみると、かなり件数が少ないのが現実です。
医療従事者の募集は、看護師や歯科医、薬剤師、獣医などに集中しており、医師の求人は東京都内にわずか13件。
これでは比較のしようがありません。

ハローワークでの求人数がこの有様ですから、求人雑誌や新聞の求人欄に医師募集の告知はほとんど期待できません。
ではどこで医師求人を探せばいいのでしょうか?

転職コンサルタントに相談するメリット

ハローワークや求人雑誌の情報を元に医師求人を探すのはかなり大変です。
そこでお勧めしたいのが医師専門の転職支援サイト。

転職サイトには医師の求人が毎日集まっており、勤務先や就業条件を担当者が電話で確認、場合によっては実際に担当者が病院に出向いて調査を行います。
離職率の高いブラック病院、ブラッククリニックは最初から紹介しないので安心。

転職先の選定だけではなく面接対策や履歴書の添削など、医師がスムーズにストレスなく転職できるように最大限のサポートを行います。

  おすすめ医師転職サイト

 

【医師転職ドットコム 】