医師が転職を考えるなら、医師専門の転職情報サイトを使って求人情報を集めるのが一番効率の良い方法です。
けれどインターネット上には多数の医師転職サイトがあり、一体どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで医師求人数が多く利用しやすい転職支援サービスをご紹介しています。
株式会社リンクスタッフが運営するe-doctorは、日本全国から医師求人が集まる大手求人サイト。
常勤求人や非常勤求人、アルバイト・スポット求人など様々な勤務形態から求人が検索できます。

医師求人の幅が広いe-doctor

e-doctorの大きな特徴は医師求人の幅が広いこと。
病院やクリニックの求人はもちろん、介護施設(老健)・製薬会社・産業医・在宅医療勤務医・自治体病院など幅広い求人を取り扱っています。

沿線や診療科目、仕事の特徴などから簡単に求人情報が検索出来るので、あっという間に希望に合う転職先求人が見つかります。
新着求人情報や高年収が狙える役職求人特集など、人気のある求人や注目求人が特集としてまとめられているので便利。
幅広い医師求人の中から自由に検索条件を変え、納得できる求人情報をとことん探せるのが魅力です。

画像引用元:https://www.e-doctor.ne.jp/

会員登録すれば便利な機能が使える

e-doctorは会員登録する事で、さらに便利機能が使えます。
一度会員登録すれば、いちいち個人情報を入力する手間が省けます。
問い合わせ時も自動的に個人情報が入力されますので面倒がありません。

医師のスキルや経歴、希望する条件を匿名公開すれば、興味のある病院やクリニック、介護施設などからスカウトメールが届く可能性があります。
ドラフトシステムにより、予想外の転職先が見つかる可能性アップ。

さらにメルマガ『医師応援マガジン』配信を希望すると、サイト上で一切公開されていない優良求人の案内が届きます。
高給与・好条件の医師求人を紹介して欲しいなら、メルマガを購読しましょう。

コンテンツが多いのもe-doctorの特徴

e-doctorの大きな特徴の一つに、サイトに読み物が多い事があげられます。
高須クリニックの院長・高須克也氏をモデルにした「Yes!の経典」や、島根県隠岐諸島の診療所で13年間院長として勤務した白石吉彦氏を題材にした漫画など、読みやすくて面白いコンテンツが充実。

転職情報だけではなく医師が監修したコンテンツを読むだけでも面白く、大変参考になります。